getText($_SERVER['REQUEST_URI']); ?> インターチェンジの由来とは

高速の渋滞情報

意外ないきさつとは?

これは、高速道路が有料道路の場合、他の道路との接続点であるインターチェンジには必ず料金所が設けられて、そこで料金の受け払いやチェックが行われるために、「インターチェンジ=出入り口」というイメージが強くなってしまったものらしい。ちょうど鉄道の駅と同じ感覚で捉えられてしまったわけだ。こうしてインターチェンジを高速道路の出入り口として認識するのは日本だけのこと。外国ではそうしたケースは見られない。外国で「インターチェンジはどこ?」と尋ねても、出入り口がわかるとは限らないのでそのつもりで。ドライバーにとって、渋滞ほどイライラするものはないだろう。いったい何が原因なのかわからないから、ますますイラついてしまう。渋滞には大きく分けて「自然渋滞」と「工事渋滞」「事故渋滞」がある。自然渋滞は、道路の構造上において、前後に比べて交通容量が少し小さくなっている地点、交通容量上の隙路(ボトルネック)で起きる現象。トンネルの手前や上り坂に移る地点、道路の合流部などが含まれる。その部分の交通量より多い交通容量が通過しようとすると起きるわけだ。そのほか、工事渋滞とは、道路の補修工事などで道が狭くなっていたり、交通規制するために起きる現象。

ニュース&トピックス